Month: July 2019
ケトコナゾールや性病の感染を知り日本性感染症を知る

日本せい感染症の学会では患者数の報告などが行われていますが、性器クラミジア感染が最も多く、淋菌感染やカンジダ菌さらにはHIV感染者も増加傾向にあり、特に若い年齢の人たちへの感染が増えているため注意を促しています。 カンジダ等の性病の感染は不特定多数の人と性交渉を行うことで危険が増しますし、パートナー同士であっても感染していることを知らずにいる場合も多いです。 互いに清潔にしたりコンドームの使用などで極力感染を防いだり、陰部のかゆみなどがあるときには病院でカウンセリングや検査を受けて、必要に応じて薬による治療を受けるように日本せい感染症の学会などでも推奨されています。 カンジダ菌などの治療薬として、ケトコナゾールが用いられます。 抗真菌薬で性病治療薬として様々な外用薬に含まれ、販売が行われています。 かゆみなどを引き起こしている原因が真菌以外ですと、ケトコナゾールが入っている薬を用いても効果が薄い場合があるので、検査を受けて処方してもらうのが良い方法です。 シャンプーにケトコナゾールが含まれている製品もあって、頭に真菌が繁殖してしまうとたくさんのフケが出るようになり、抗真菌効果で死滅させ、フケを抑える製品です。 AGA治療にも有効性が期待でき、雑菌を増殖させないため頭皮を綺麗に維持しやすく、さらには男性ホルモンを抑制させる成分が含まれていることで、使い続けていけば薄毛への効果が期待できます。 日本せい感染症の現状を知り、性病の感染による体への影響がどのようなものか理解することで正しい知識も備わるので、他人事だとは考えず症状が出ていない人も注意しましょう。 完治させないと再発する可能性も高くなって、パートナーにうつし迷惑をかけてしまうことがあります。

2019年07月28日
皮膚を守るための色々なグッズ

大切な皮膚を守るためには自分の力だけでは足りません。 生まれたての赤ちゃんの肌はそのままでツルツルです。 しかし年齢とともに肌は衰えてきます。 また空気の乾燥や汚染の影響も受けます。 肌をベストな状態に保つには健康的な食事や運動はとても大切です。 また時にはお薬の力も必要です。 たとえばケトコナゾールは抗真菌作用のお薬の一種です。 脂漏性皮膚炎にとても高い効果を発揮します。 またケトコナゾールは水虫またカンジダ症にも用いられています。 水虫は真菌によるものなので、こうしたケトコナゾールの塗布と共に患部を清潔に保つことが大切です。 お風呂に入った時は指の間も良く洗うようにします。 専用の石鹸を使用するならもっと効果的です。 そしてお風呂から上がったら足の指の間も清潔なタオルできれいに水分をぬぐうようにします。 このように皮膚を守り、理想的な状態を保つためには普段の生活習慣が大切です。 たとえば食事については脂っこいものの取りすぎには要注意です。 揚げ物や油を大量に使った料理は控え目にしたほうがいいでしょう。 お野菜や果物からビタミンを豊富にといれるようにしましょう。 また定期的な運動により新陳代謝を良くすることができます。 そしてもちろん清潔を保つことは最も大切です。 とはいっても皮膚には必要な脂分がありますから、それを取りすぎると逆に失った脂分を取り返そうとして過剰な脂分が出ることにもなりかねません。 適切な回数を守ることが必要です。 中には皮膚に色々塗布するのに抵抗がある人もいます。 治癒力が落ちると思うからです。 しかし自然治癒力で完治できれば一番いいのですが、治癒力は不完全なのでどうしても皮膚を守るための色々なグッズが必要なのです。

2019年07月12日